【NHKマイルカップ2016】東京芝1600mのデータから脚質の傾向を分析してみた

東京・芝1600mのデータから脚質分析

脚質,傾向

NHKマイルカップは、東京競馬場の芝1600mで行われる3歳馬限定のGIレースです。

スタートは向正面右手奥からとなり、向正面の長い直線(約500m)を進みます。ゆるゆかな3~4コーナーをすぎますと、最後は2.1mの上り坂と500mを超える長い正面直線が待っています。長い直線と坂がタフな非常に難しいコースとなっております。

このコースの一般的な傾向を馬の脚質でみますと、勝利数で見ると差し足が一番有利で母数も圧倒的に多いです。次が先行馬で、母数は少ないですが、勝率・連対率・複勝率は差し脚勢よりも優秀です。逃げ、追込みは出走馬自体少ないですが、馬券に絡む確率で見ると悪くありません。

 

脚質 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
逃げ 30 31 29 247 8.9% 18.1% 26.7%
先行 118 93 113 869 9.9% 17.7% 27.2%
差し 145 156 120 1607 7.1% 14.8% 7.1%
追込 44 55 77 1289 3.0% 6.8% 12.0%

※データ計測期間:2011.1.1~2015.12.31

 

過去5年のレース結果から脚質を分析

過去のNHKマイルの成績を例にとると、2015年の勝ち馬は先行して抜けだし、2着馬は終始2番手を進んでいて、3着馬が中段からの差しというレースでした。なお、このレースの1番人気馬は3着馬と同じような位置取りでしたが直線伸び切れませんでした。

2014年は、勝った馬が1番人気で逃げ切りでした。一方で2、3着馬は後方から差してきた人気薄の馬でした。

2013年は、4コーナーで後方にいた人気薄の馬が追い込みを決めたレースでした。2着馬も中段後ろから差してきた馬で、3着馬は先行して粘った馬でした。

2012年は2014年と同じで1番人気馬が逃げ切り勝ちで、2着馬も先行、3着馬は差し馬でした。

そして、5年前の2011年の勝ち馬は、先頭2番手集団から抜けだし、2着馬は4コーナー最後方から追い込み、3着馬は中段抜け出しでした。

このようにNHKマイルカップ過去5年の結果からみますと、先行、差しの来る率が高いようです。長い直線に坂のあるコースで、スタミナ消耗戦いなりやすい傾向にあります。このコースを逃げ切るのは困難で、『中距離を主戦馬としている差し馬』を狙ってみるのがセオリーといったところでしょうか。

≫ 【無料】, の予想はこちら

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[PR] 競馬予想に役立つ無料情報サイト

最新のレース情報を毎週配信。三連単の予想を無料でお手伝い。